闇金の対策方法はあります!ですので、前向きに対策をしていきましょう

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 闇金について闇金対策方法
闇金融から借金しても返す必要はありません
闇金融からの借金は民法708条『不法原因給付』にあたりますので法的に返済する必要はありません。

闇金(ヤミ金)の対策

お金を貸すような賃金業を行う際には、各都道府県知事に登録申請を行う必要があります。登録完了後に賃金業者として運営していく事ができるのですが、この登録を受けずに賃金業を営んでいる業者がいます。その業者の事を無登録業者といい、また闇金融とも言われています。

賃金業者は営業所内に賃金業者登録票と貸付条件票の掲示が義務となっています。お金を賃金業者から借りる場合は、その業者の登録の有無の確認をしましょう。登録の確認ができない場合は絶対に借入しないでください。

しかし、闇金融の中にも正式に賃金業登録を受けている所もあります。しかし、知事に届けている登録内容は嘘の記述がしてあり、住所や電話番号はダミーのケースが多く、実際には別の住所、電話番号で営業している事がほとんどです。

知事に届け出している住所、電話番号を確認する事で闇金融かがはっきりと見分ける事が可能となっています。全国各地で賃金業を営む場合は財務局へ届け出をする必要があります。財務局登録を受けている賃金業者の中に闇金は存在していません。

●返済方法や利息の計算などを明確に説明できるかを確認

お金を 賃金業者は利用者に貸付条件などの法定事項について十分に説明する事が義務づけられています。しっかりと説明できているか確認して、ちゃんと説明できないような所からは借入しないようにしましょう。質問して即答できないような所は怪しいと思ってください。

●甘い融資話は無視する

お金を 他店で融資できなくても当店では融資可能、ブラックの方でも融資OKなどと言っている業者のほとんどが闇金と思ってください。ですので、関わらない方が身のためです。1度誘いに応じるとなかなか離してくれなので注意しましょう。

●簡単に個人情報を教えない

お金を 闇金業者に住所や電話番号をしつこく聞かれるケースが多いと言われていますが、簡単に個人情報を教えないようにしましょう。上記でも説明しましたが、賃金業者として正式に登録を受けている闇金も存在します。実際に闇金が隠れて営業している所は多く、実際に被害に遭っている人もいますので、融資してもら疎きには、債権者に対して簡単に個人情報を漏らさないように注意しましょう。登録業者は金融庁のサイトで検索する事ができますので、自分で確認する事も可能となっています。

闇金(ヤミ金)の問題を解決する方法

闇金融が掲示している金利は違法なものとなっています。高金利で貸し付けたお金の事を不法原因給付といいます。これは、返還請求する事ができない事をいい、違法な利益を得る目的で貸したお金は返済する義務は無いという事になります。

もし、闇金業者からお金を借りているのであれば『違法な金利は払う事はできません。もし、払えというのであれば告訴します。』といって電話を終わらせてください。こんな事を闇金に対して言うのは怖いと思いますが、怖がらずに堂々と言う事がポイントになってきます。

弁護士、司法書士に力を借りる事で闇金の問題は解決する事ができます。実際に弁護士や司法書士が絡んでくるとや闇金側は諦める事が多いです。その理由は、弁護士、司法書士に法的な措置をされた場合、請求しても回収する事ができないからです。

口座を凍結させる

闇金で借金した場合の返済方法は、指定の口座へ振り込むケースがほとんどです。銀行口座を凍結する事ができれば、入金、出金する事ができなくなるので、闇金融はお金を手にする事はできなくなります。闇金を利用して、指定の口座が判明している場合はその口座を凍結させる事ができます。

しかし、口座の凍結は個人でできる事ではありません。弁護士、司法書士の方が銀行へ口座の凍結を依頼することで凍結する事が可能となります。犯罪目的で利用されている口座は停止する事ができるよう、金融機関で定められていますので、闇金の口座を凍結する事ができるのです。闇金の問題を抱えている人は、弁護士、司法書士に相談する事です。早めの行動が解決の鍵となります。

↑ PAGE TOP