ヤミ金と不法原因給付の関係は強い

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 闇金について多重債務について
闇金融から借金しても返す必要はありません
闇金融からの借金は民法708条『不法原因給付』にあたりますので法的に返済する必要はありません。

ヤミ金と不法原因給付

利息制限法違反の高金利契約のケースは制限長部分の利息契約だけが無効とされてきました。しかし、ヤミ金の場合は、法外な高金利と執拗な取り立ての事を考えると、消費貸借契約自体に反する無効な事と言えます。

消費貸借契約自体を無効とすると、債権者(ヤミ金)は利息の請求、消費貸借契約に基づいた元本の返還請求自体ができなくなってきます。ヤミ金業者が不当利得返還請求する事ができるか気になる方もいると思いますが、不法原因給付として債務者は返還請求を拒否する事ができます。

これは法律で定められている事ですので、はっきり言いますと返済の義務が無いという事になります。さらに以前返済していたお金は不当な利益になりますので、返還請求する事ができます。こうなってくるとヤミ金から借りたお金が自分の手元に残る事になってきますが持っていても大丈夫なのか?そのお金は不法原因給付になりますので何も問題はありません。

このことからヤミ金から借りたお金は返済する義務は無いという事になります。もし、ヤミ金からお金を借りてしまい、取り立てに困っているなら警察や弁護士に早めに相談しましょう。ヤミ金に借金を返済するために、他の消費者金融からお金を借りたり、生命保険で返済使用といった考えはやめてください。ヤミ金の問題が解決した後は、また同じ事を繰り返さないようにしましょう。

ヤミ金業社は最初は甘い声でブラックでも融資できます、100万円までなら即日で融資できますよ・・・などと言ってきますが、その後はめちゃくちゃですので。1番いい方法はお金を借りない事です。

↑ PAGE TOP