債務整理|中国地方

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介

匿名で中国地方の事務所に無料相談

中国地方の債務整理について

債務整理で悩んでいる人は多く存在します。 中国地方も例外ではなく、広島県などでは不景気の影響で毎年企業や個人の債務整理のニュースが掲載されています。 債務整理の中で個人が相談することの多い相談が過払い金の払い戻しです。 これは消費者金融が法律上の規定を超えた違法な利息を貸し付けている場合に、この支払った利息を取り戻せる制度です。

過払い金の払い戻しは相手との交渉が必須といえるので、専門の弁護士に相談をしましょう。 中国地方では広島大学法科大学院なども年に何度か無料の法律相談を行っています。 これは法科大学院生の授業の一貫として行われています。 教授の他に学生も法律相談に立ち会うケースもありますが、守秘義務は厳守されているので安心です。

中国地方は法科大学院は少ない地域といえますが、このような制度を積極的に利用するのが良いでしょう。 過払い金の法律相談をすることによって、借金が無くなる可能性が出てきます。 そればかりか今まで法律の上限を超える利息を払い続けていた場合は、その金額を取り戻せることになります。 法律事務所では過払い金の相談を積極的に行っている所が数多く存在します。 もっとも民法の規定により債務の時効は10年間と決まっています。 そのため過払い金の取り戻しも10年以内なので早めに法律相談をしましょう。

また信用情報機関にブラックリストとして登録されないというメリットがあります。 これは大きなメリットであり、その後のクレジットカードや住宅ローンを作る際などの不便や不利益の心配がなくなります。 中国地方の法律事務所は、過払い金の相談が無料な事務所も存在します。 また報奨金は和解で済ませた場合は2万円前後のところが多いです。 訴訟にまで発展しますと5万円前後となる法律事務所が多いといえます。

これはやはり和解よりも訴訟の方が弁護士の労力や裁判費用が多くなるからです。 そのため、消費者金融での利息支払いが多すぎると感じた場合は速やかに弁護士に相談しましょう。 相談が早い方が和解で済む事が多い場合があるからです。 問題が複雑化した場合に訴訟に発展してしまう事が多いのが統計上のデータとなっています。

中国地方は数多くの法律事務所がありますので、身近に法律相談がしやすいといえます。 また法科大学院で法律相談をする場合は、教授や学生の夏休みの期間に無料相談が行われる事が多いため、大学院が夏に配布している資料などには注意をしましょう。

↑ PAGE TOP