債務整理|中部地方

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介

匿名で中部地方の事務所に無料相談

中部地方の債務整理について

生活費の補てんや遊興目的で、軽い気持ちで消費者金融や銀行カードローンの利用を始めたものの、いつしか借金が嵩み返済が追いつかなくなってしまった人も少なくないといわれています。自動車産業で経済が好調な中部地方にあっても、派遣労働者等を中心にカードローンの利用者は少なくないといわれています。

一昔前に多重債務が問題となり、利息制限法の上限金利上で出資法の上限金利未満の範囲のいわゆるグレーゾーン金利が違法とされ、貸出金利は利息制限法の上限金利の範囲内へと実質的に引き下げられました。しかし、それでも借金が嵩むと金利だけでも大きな負担となります。

また、多重債務対策として消費者金融等からの借入金額の上限を年収の3分の1までとする総量規制も実施されましたが、金融機関のカードローンは規制の対象外となるなど、十分な規制とはなっていないのが実情です。借金が嵩み、返済がどうしてもできない場合は、借金を減額してもらう債務整理を行うという方法があります。

債務整理の手法としては、債権者との協議によって行う任意整理や、裁判所での手続きが必要な民事再生、自己破産といった手法があります。これらの手法の中では、自己破産の場合は、債務が免責となりますが、所有する財産の地違反を手放さないといけなかったり、官報で公告されるといったデメリットがあります。

任意整理の場合は裁判所を通さないため比較的手続きが容易ですが、債権者側の協力がないと実施することができないというデメリットがあります。債務整理を行うにあたっては、個人で手続きを行うことは困難なため法律の専門家に依頼をすることが一般的です。中部地方で債務整理を考えているのであれば、経験豊富な弁護士や司法書士などの専門家に相談することがお勧めです。

中部地方には債務整理の実績豊富な弁護士等が多数いるので、事前に評判などを調べたうえで相談することがお勧めです。そうしてみつけた専門家と相談しながら、自分にとって一番よい債務整理の手法を選択することが重要となります。また、長年にわたって消費者金融等から借り入れをしている場合、払い過ぎた金利である過払い金が発生している可能性もあります。

債務整理の実施にあたって、その点も含めて弁護士等に相談を行えば、過払い金によって現在の債務の大部分を相殺できる可能性もあります。いずれにせよ、借金問題で悩んでいるのであれば、一人で悩まずに専門家に早めに相談することが重要です。

↑ PAGE TOP