特定調停のデメリットはどのようなものか

トップページ » 特定調停とは

特定調停とは?

特定調停は債務者自身で手続を行う事が可能となっています。これをメリット捉えるかもいれば、デメリットと捉える方もいるでしょう。やる気次第では自分で手続を行う事は可能ですが、かなりの時間と労力と勉強が必要になってきます。

大変なのは確かなのですが、少しでも費用を抑えたいと思っている方にはおすすめの債務整理方法です。弁護士、司法書士に支払う費用が必要ありませんので。また、ヤミ金などにも有効で、任意整理では話が進まない場合でも、特定調停を行う事で裁判所が間に入るため、ヤミ金側も無視できなくなるのです。

この事から、ヤミ金を相手にする場合には特定調停が有効と言えるでしょう。特定調停を申し立てた数日後に債務負存在通知(借金はありませんという通知のこと)を送ってくる業者もいるようです。

特定調停はある程度の収入が見込める人を前提にして、その収入の一部を借金の返済金とする事になりますので、収入が無い方は自己破産や任意整理を行った方がいいケースもあります。収入がかなり少なく、返済期間が長い方も調停を成立させる事が難しくなってきます。この場合も自己破産などの債務整理方法をした方がいい事があります。

多重債務者にとっては多重債務から開放される事を考えるとおすすめの方法となります。また特定調停後の返済には期間が設けられ、3年をめどに完済する事ができる無理のな返済額で返済してくよう計画していく事になります。

特定調停のメリット・デメリット

特定調停は他の債務整理の方法と比較して、手続が簡単に行う事が可能となっています。また、費用を抑える事ができるため、利用している人は多いです。しかし、債務状況によって特定調停をしない方がいいケースもありますので、弁護士や司法書士の方の意見を聞いておくと今後の返済計画のお役に立つ事は間違いありません。

自分の判断で返済していく事も大事なのですが、専門の知識をもってる弁護士、司法書士の力を借りる事によって効率良く、かつ良い結果で手続が完了するでしょう。下記に特定調停のメリットとデメリットをまとめましたので、ご覧になってください。

メリット

  • 借金の理由は関係なく手続き可能
  • 借金の残高が減額される可能性が高い
  • 官報に掲載される事はない
  • 二ヶ月程度の期間で早期解決可能
  • デメリット

  • 信用情報期間に登録(ブラックリストに掲載される)
  • 債務整理の中でも減額される額が少ない
  • 返済状況によっては調停取り下げの可能性がある
  • 過払い金請求とは別
  • 最低でも2階は裁判所に通わなければならない
  • 特定調停のメリットには、借金の理由問わずに手続が可能な所ですね。ギャンブルなどで作った借金でも手続可能ですので需要は高いです。また早期解決ができる事から手続をする人は多いようです。特定調停は過払い金請求は別になってきますので、特定調停の申請後に過払い金返訴訟の定期が必要になってきます。

    ↑ PAGE TOP