パチンコ、スロットなどのギャンブルで借金をしている人は多い

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 多重債務について » パチンコで多重債務になった場合

パチンコで多重債務になった場合

パチンコ依存症の方が多重債務者になる事が問題となっています。パチンコでの借金は人に相談する事ができない事が多く、いろんな所の消費者金入を利用してしまうといったケースが多くなっています。パチンコは人を正常に判断できなくさせる環境とも言われています。

パチンコ自体は悪いわけではありませんが、パチンコ依存症になった多くの方が多重債務者という事も事実なのです。パチンコ依存症になった場合、どうすればいいのか?それはパチンコを止める事です。パチンコやスロットは負けている状態からスタートしている事に気がついていましたか?

4円で玉を借りて3円で買い戻す事になるので、出だしから既に25%も負けているのです。確率論で言うと、この25%を取り戻す事はほぼ不可能と言われています。これは投資の世界でも言われている事で、1000万円の投資で、750万円になった状態から1000万円に戻す事が難しいのです。

まずはこの事を理解してパチンコなどのギャンブルから足を洗う事です。でなければ、法律事務所などで多重債務を解決できたとしても、また多重債務者になってしまう事もありますので、多重債務の問題を解決しながらも、ギャンブルしないという覚悟が必要になります。

多重債務を解決する場合は、債務整理を専門としている法律事務所に相談することいいですよ。無料で相談で相談にのってくれますので相談してみましょう。

パチンコの借金の相談相手がいない

パチンコでできた借金の問題の事について相談できる相手がいない事はかなり不安になってきます。どうすればいいのか分からない状態ですので精神的にも肉体的に疲れてしまいます。パチンコでできた借金の話はあまり人に話したくありませんし、相談しにくい問題ですよね。相談する相手がいないことから、借金を借金で返済っしていく多重債務者が多くなっているのです。

借金をパチンコで返済していくと頑張っている人も中にはいると思いますが、頑張れば頑張るほど借金は膨らんでいく事が現実です。この悪循環を止めない限り多重債務の問題は解決できません。

ですので、解決したいと思っているのであれば、まずはパチンコを止める事が必要になってきます。そして過ぎに借金の対策をしていきましょう。誰にも相談できないと1人で悩んでいても借金は減っていきません。

また、元本を減らしていかない限り、借金は増えていくだけです。多重債務者のほとんどが元本を減らせずに金利だけを返済している人が多く、借金を減額していく事ができていません。このような状況に陥ってしまった方は、1度債務整理を専門としている法律事務所に相談するといいでしょう。

あなたの借金の相談を親身に聞いてくれます。借金の問題は話しにくいかもしれませんが、一人で解決する事は難しい問題でもあります。ですので、悩んでいる時間を解決する時間に使っていきましょう。そうすること多重債務に関する問題を早期解決する事ができます。

解決さえすれば、またやり直す事ができますし、生活も楽になります。借金の問題を解決『したい』『できない』ではなく解決『する』か『しない』かです。

まとめ

  • パチンコ依存症の多くの方が多重債務者
  • パチンコは始める前から25%負けている
  • パチンコで借金を作ってしまった人は、解決するためにパチンコと止める
  • パチンコでできた借金も問題を相談する事ができる法律事務所がある
  • 多重債務の場合、元本を減らしていく事ができない事が多い
  • 解決する事ができれば、人生をやり直す事ができる
  • パチンコ依存症は依存症といわれていますので病気の一種です。ですので、このまま何も変えていかなければ借金まみれになる可能性があります。パチンコ依存症の方で借金をしている方の中には、消費者金融の無人機を銀行のように利用している人が多く、借金の返済をしたからまた借金できるという考え方をしている人もいます。

    入金したから出金できるといった感覚になってしまっているのです。これでは、借金をし続ける事になってしまいますので、、この依存症は治さなければなりません。債務整理をして借金の返済が楽になってきたら、パチンコ依存症の治療をしていく事が必要です。でないと、また同じ事の繰り返しになってしまいます。

    ↑ PAGE TOP