債務整理で借金返済の負担を軽減

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 借金返済に困った場合

借金の返済に困ったら

まずは相手先の金融機関に相談を

借金の返済に困るようになったら、まず借入先の金融機関に連絡を入れることをおすすめします。大手の金融機関の場合は、債務者の諸問題の解決のために、窓口を設けている所がほとんどです。実店舗に相談コーナーが併設されていることもありますが、借り入れ前に詳細を確認するためだけでなく、利用者のために資金計画のアドバイスや、返済が難しい場合の対処もされていることが多いです。

金融関連の有資格者からの助言受けられます。債務整理をする前の段階で対処できることがあり、返済回数を多くすることで、月々の返済額を抑えられたり、少しの期間待ってもらえることもできる場合があります。なお、実店舗での面談を受け付けていて、希望する場合には、事前の電話予約が必要な場合がありますので、コールセンターに問い合わせをしてみるといいでしょう。

複数の金融機関からの借金や額が大きい場合

複数の金融機関から借り入れがあり、多重債務に陥っている場合や、借入額がかなり多額な場合は、金融機関への申し入れでは済まないことがあります。また、相手先がヤミ金等の信頼出来ない機関の場合は、連絡を入れるとかえって借金をさせられたり、トラブルに巻き込まれたりすることが考えられますので、おすすめしません。

もし、知り合いの方に話をして、法律事務所を紹介してもらえればいいのですが、なかなか打ち明けにくいでしょう。また、費用がかかりますので、地元の役所や役場で開催される無料法律相談を利用するといいでしょう。日にちが限定されることもあり、事前の電話予約が必要になりますが、初回の料金はかかりません。自治体によっては、債務整理専用の面談日を設けている場合もあります。

法テラスを利用する方法もある

法律事務所にかかる債務整理の相談料が心配な方は、最寄りに法テラスがある場合、料金を軽減してもらえることがあります。法務省の出先機関で、依頼人の所得に一定の基準が設けられていますが、費用を一括で立て替え払いしてもらえ、後から月々の分割で返済していくことが可能です。

司法書士に依頼する際の注意

司法書士に債務整理の相談をするには、債務の額が問題となります。140万円を超える場合の相談や金融機関との交渉、訴訟については、対応できない決まりになっています。また、それ以下の債務額であっても、認定司法書士でないと対応できませんので、注意しましょう。躊躇する前に、これ以上債務が増えないよう、早めに行動を起こすことが大事です。

↑ PAGE TOP