債務整理と信用情報 抹消はされるのか?

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 債務整理と信用情報

債務整理と信用情報

信用情報とは簡潔に言いますと金融機関での取引記録の事です。ローン、クレジットカードの申し込み履歴や返済履歴や債務整理を行った事があるかといった情報が専門の機関に一定期間保管されています。消費者金融や銀行などの金融機関はこの情報を元に審査を行っています。

日本の信用情報機関

CIC(シーアイシー)

日本最大の信用情報機関で、銀行、クレジットカード会社、消費者金融のほとんどが加盟しています。常に最新の情報を保管しており、月に一度の頻度で情報を更新しています。

登録されている情報

氏名・生年月日・電話番号・郵便番号・住所・勤務先名・勤務先電話・クレジットカードの契約年月日・契約の種類・残債額・返済状況・入金状況・終了状況・登録会社名

情報の種類と保存機関

任意整理:保管期間最長5年

任意整理時の保管期間は最長5年間とされていますが、登録される時期が金融機関によって違う事があります。基本的に任意整理の合意があった時点で登録されるのですが、人整理開始後から返済が完了する事で登録されるケースもあります。

保管される情報

  • 任意整理を行った事実
  • 任意整理に関する遅延情報
  • 登録抹消までの期間

    登録抹消までの期間は5年と言われていますがほっきりとした期間はわかりません。信用情報機関によって登録抹消までの期間を明確にしていないことから確実にこの期間までと言えないのです。この期間をあくまでも目安程度にしておくといいでしょう。思った以上長く登録されている事もあれば、思った以上に短い期間で抹消される事もあるのです。

    自分の信用情報を知る

    ローンの審査に通らない、クレジットカードの作成ができないという悩みを持っている方は一度自分の信用情報確認してみるといいでしょう。審査に通らない理由として、過去の債務整理情報や遅延情報、半年以内に申し込みが多い人などが理由となります。最近では携帯料金の遅延が重視されており、この料金の遅延が多い人は審査に通りにくくなっています。携帯料金もローンなのです。このように遅延行為を行うと当然自分の信用情報に傷がつく事になり、最長で5年間はこの情報は消えません。

    ↑ PAGE TOP