携帯電話は今の時代に必須アイテムですが債務整理後に新規契約することはできるのか?

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 債務整理と携帯電話

債務整理と携帯電話

現代では、携帯電話(スマートフォン)は生活必需品となっています。固定電話を利用していない人も多く、ほとんどの方が携帯電話を使用しており、仕事でも使用されていることが多いアイテムです。携帯電話の端末代はかなり効果ですが、2年契約することでその一部、または全額値引きしても多雨ことが可能です。

ですので、端末自体はほぼ無料で手に入れることができますが、契約上では分割払いで支払う形となっています。債務整理を行うとローンを組めなくなるので、携帯電話の新規契約や機種編ができなくなるのか気になりますよね。結論から言いますと、新規契約も機種変更も可能な場合が多いです。債務整理の手続開始後に携帯電話を契約する場合、審査は携帯会社が行うことになります。

信用情報とは別の、携帯電話会社独自のネットワークにより審査が行われることなります。ですので、過去に携帯代が滞っていることが多いとかがなければ契約できる可能性は高いでしょう。

携帯会社はテレビCMや公告などでかなり宣伝されていることでも分かる通り、顧客を取り込むことに必死になっています。なので、借金の審査に比べて甘くなっているのが現状なのです、自己破産している人でも契約することができる可能性があります。

審査が通らない場合は、過去に携帯代の支払いが悪かった(他社を含む)などの場合がありますが、明確な理由は各携帯会社の審査方法によりますので何とも言えないのが現状です。この時点で言えることは債務整理としたからと言って携帯電話の契約ができないとは限らないということです。

端末代を分割で支払っている途中で自己破産する場合、通話料は月々支払っていくものなので関係ありませんが、端末代に関しては免責してもらえる可能性があります。その場合、使用料を支払えば今までと同じように使用することができます。

しかし、他に使用できる端末があるにも関わらず、新しい機種が欲しいという理由だけで機種変更するのはよくありません。実質無料ですが、それくらいの事をを我慢できる習慣を身につけておかなければ今後の返済生活は苦しくなるでしょう。端末代は実質無料で提供してくれますが、分割払いが完了する前に、端末を紛失してしまった場合は、また新しい端末を買わなくては行けないリスクがあります。

まとめ

  • 携帯会社独自のネットワークで審査が行われる
  • 自己破産している人でも契約できる可能性がある
  • 債務整理をしたからと言って契約できないとは限らない
  • 自己破産をする場合、免責してもらえる可能性がある
  • 他に使用できる端末がある場合は、新しい機種が欲しいという事だけで機種変更するのはよくない
  • ↑ PAGE TOP