債務整理中に住宅ローンを組む事は可能なのか?住宅ローンと債務整理の関係について紹介しています

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 債務整理後の住宅ローン

債務整理後の住宅ローン

個人の事情によって債務整理を行う事になり、その後は借金の返済を続けて完済したという方もいると思います。しかし、住宅を購入することになり、住宅ローンを組むたいとなったのですが、過去に債務整理を行った事によってローンを組む事ができるのか?

債務整理後にしっかりと完済していれば住宅ローンを組む事ができる可能性はあります。しかし、信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)に掲載される事になりますので、その掲載されている期間は新たなローンを組む事は難しくなってくるでしょう。

ブラックリストの登録は削除されるのか?

債務整理を行うとブラックリストに掲載される事は分かりましたよね?では、このブラックリストの登録から削除されるにはどれくらいの期間が必要なのか?この削除されるまでの期間は債務整理のないようによって異なってきます。任意整理の場合は、5〜7年。自己破産の場合は7〜10年と言われています。住宅ローンなどの新規で借り入れをする場合に重要になってくるのが信用情報です。ブラックリストに掲載されている状態では信用がかけている事になりますので、信用が回復するまでの期間、借り入れをする事は難しくなってきます。

債務整理を行った金融機関からの借り入れは困難

債務整理を行った後に、新たな借り入れをする場合は債務整理をした金融機関からの借り入れは難しいと思っていてください。ブラックリストは最短で5年経過すると削除されますが、各金融機関は事故情報を約10年間は保管していると言われています。ですので、完済後10年未満の場合に同じ金融機関に住宅ローンの申請を行っても審査に通らない事が多いです。(勤続年数、収入などによって審査に通る場合もある)

債務整理後に住宅ローンの審査を通過するには

債務整理後に住宅ローンを組めるようにするには、無理のない返済計画を立てる事です。頭金を多く入れるなど、返済計画をしっかりと立てる事が非常に重要となってきます。過去に借り入れしていた金融業者での借り入れは難しいので、他の住宅ローンの融資会社を検討してみるといいでしょう。『無理のない計画を』という言葉を耳にした事があると思いますが、本当にその通りなのです。

クレジットカードのない生活

債務整理後(自己破産など)にクレジットカードがないと支払いなどが不便だと思っている人も多いでしょうが、現代では支払い方法の多様化により、カード決済がなくても苦にならないという人が多いです。カード以外の支払い方法でも十分代用できるようですね。クレジットカードの作成ができないという事は、現金主義に考え方を切り替えれるチャンスでもあります。しっかりと自分のお金を管理して、借金のない生活を送っていきましょう。

↑ PAGE TOP