債務整理後のクレジットカード作成について

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 債務整理後のクレジットカード作成について

債務整理後のクレジットカード作成

債務整理後の質問の中で最も多いのが『クレジットカードを作成する事はできるのか?キャッシングする事はできるのか?住宅ローンは組む事ができるのか?』です。クレジットカードとキャッシングに関しては、同じジャンルと言っても良いのですが、住宅ローンに関しては、少し変わってきます。

しかし、どちらにしても、債務整理後に信用情報(ブラックリスト)に事故情報(異動情報)が掲載されるか、されないか。この有無によって大きく左右されてきます。債務整理を行った後の事故情報は借金を完済してから約5年間は消えません。(任意整理の場合は5〜7年 自己破産の場合は7〜10年)

この事故情報は1社でもあれば、ほとんどのクレジットカードは作成できなくなってしまいます。ブラックリストに掲載される事には、これほどの力があるのです。

事故情報を確認

債務整理後にクレジットカードを作成する際の審査基準は事故情報の有無が関係してきます。債務整理を依頼することによって信用情報には、債務整理の事故情報が登録される事になります。完済後に5年経過していれば、消えていなければおかしいですよね。

この時点で自分の事故情報を確認して、間違った登録がされていた場合は、該当の金融会社にその情報を訂正してもらえます。このように、信用情報が回復すれば、クレジットカードとキャッシングの審査にも通りやすくなるでしょう。(勤続年数や年収などの審査で通らないケースもある)

5年未満でクレジットカードは作成できないのか?

借金を完済してから5年未満の場合、クレジットカードの作成は難しいでしょう。またブラックリストに掲載されていますので、キャッシング、ローンの審査には通りにくい状況と言えます。しかし、審査する会社によって審査基準が異なってきますので、絶対に作成する事ができないというわけではありません。ほとんどの場合は断られると思ってください。

債務整理をするとクレジットカードを所有している家族に影響がでるのか?

結論から言いますと影響はでませんので安心してください。家族に影響が出てしまうとほとんどの方が借り入れできない状態になります。ですので、債務整理を行っても家族の方がクレジットカードを所有、使用することは可能です。

クレジットカードのない生活

債務整理後(自己破産など)にクレジットカードがないと支払いなどが不便だと思っている人も多いでしょうが、現代では支払い方法の多様化により、カード決済がなくても苦にならないという人が多いです。カード以外の支払い方法でも十分代用できるようですね。クレジットカードの作成ができないという事は、現金主義に考え方を切り替えれるチャンスでもあります。しっかりと自分のお金を管理して、借金のない生活を送っていきましょう。

↑ PAGE TOP