法外な金利で借金をしている債務者を助けるという目的で定められた法律

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 利息制限法

利息制限法とは

利息制限法とは、簡単に言うと法外な金利から債務者を守るために制定されました。消費者金融などで借金をする際に、債務者が不利になるような条件を強いられる事もあるようです。そのような方達を守るために利息制限法があるのです。

まだ法律の中でもかなり小さなものですが、キャッシング、ローンを組む債務者にとっては嬉しい話で、多重債務になってしまった方も解決する事ができるのです。利息制限法の目的は『債務者の保護』ですので多重債務者の救済にも活用されています。

多重債務者になってしまう理由の1つとしてグレーゾーン金利での貸し付けがありますが、この場合利息制限法によって債務の引き直し計算をすることで、返済額を減額する事ができ、過払い金が発生しているかの確認もこの時点で行います。

債務者にとって強い見方の利息制限法ですが、制定された当初は矛盾点がいくつかありました。問題にもなっていたグレーゾーン金利を作り出した一端といってもいいでしょう。しかし、グレーゾーン金利の廃止より問題は沈静化されました。その一環で、利息制限法も改善され、矛盾点も麦なってきているようです。

利息の天引きとは

お金を貸すときに最初から利息分を差し引いて貸主にお金を渡す事を利息の天引きと言います。利息の天引きは利息制限法の制限内であれば認められますが、制限範囲を超過した場合は問題になってきます。金融業者からお金を借りた場合『みなし弁済規定』が適用される場合もあります。

貸主が利息として任意で支払った場合は、契約書、領収書の交付を条件に利息制限法の制限利率を超える利息を受け取ってもいいと定められています。賃金業規制法四三条では、もなし弁済規定は利息の天引きの場合は提要しないと判断される事になります。『貸主が利息の天引きを承諾しても、貸主が任意に支払ったことにならない』という風に解釈されています。

利息の天引きに含まれる、含まれない費用

利息という言葉を使用せずに天引きされた場合でも、その言葉が使用されたか関係なく利息制限法の制限利息は適用されます。礼金、報奨金、割引、手数料などの名前で天引きされたとしても、借りた方が現実に受け取ったお金を元本として利息を計算しなおす形となります。

利息に含まれないものとしては、債務の弁済費用や印紙代などの契約時に必要とされる費用などがあります。利息という名前の他にも、何か他の名前で金融業者に支払ったお金は利息分としてみなされます。利息分が過払いの場合は、過払い分は元本となります。計算をやり直す事は、利息制限法による借金の総額を見直しをする事なので、過去の支払い金額を算定して確認しておくといいですよ。

↑ PAGE TOP