期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 任意整理 » よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)

よくある質問(Q&A)任意整理

Q、任意整理で取り立ては止まるのか?

弁護士、司法書士に任意整理を代行した場合、受任通知を債権者が受け取った時点で債権者は債務者に直接請求する事はできなくなります。よって取り立てはとまることになります。

Q、任意整理の手続をする相手は選べるのか?

結論から言いますと選ぶ事は可能です。高金利、保証人がいない場合など、どの債権者に対して和解を求めるかは債務者が選ぶ事ができます。

Q、裁判所に行く必要はあるのか?

弁護士、司法書士に代行する事で代理人となって和解交渉してくれますので、裁判所に行く必要はありません。

Q、保証人がいる場合の任意整理はどうなるのか?

保証人がいる場合は、保証人に請求がいきますので、前もって保証人の理解を得るといいでしょう。保証人と同時に債務整理を行う必要もあります。

Q、任意整理をするとローンを組む事ができないのか?

任意整理後は信用情報に掲載される事になりますので、約5年間は新規のローン、クレジットカードの作成をする事は難しいでしょう。

Q、身内に内緒でできるのか?

家族や親戚に内緒で債務整理を行って欲しいという方はかなり多いです。ほとんどの法律事務所で郵送物には名前を記載せずに、個人名で送付するなどできるだけの配慮はしてくれます。しかし、100%家族に内緒で手続が進められるかは保障はされていませんので、その点はご了承ください。

よくある質問(Q&A)自己破産

Q、自己破産で取り立ては止まるのか?

裁判所に自己破産の申立をした時点で取り立て禁止となります。弁護士に依頼した場合は、債権者が受任通知を受け取った時点で取り立ては即止まります。

Q、自己破産の手続をする相手は選べるのか?

自己破産の場合は、家族、友人への借金も免除対象になります。一部を除いては申請する事はできません。

Q、裁判所に行く必要はあるのか?

裁判所へは2回行く必要があります。(同時廃止の場合は1回でいい場合もある)

Q、保証人がいる場合の自己破産はどうなるのか?

保障がいる場合は、保証人に請求が行く事になります。ですので、自己破産をする前には保証人の方の理解を得る必要があります。連帯保証人の方も同時に債務整理の手続をする必要がある場合もあります。

Q、自己破産をするとローンを組む事ができないのか?

自己破産をするとその情報は5〜10年間は残る事になります。その間に新たな借り入れをする事は難しいでしょう。クレジットカードの作成も困難となります。10年間はローンを埋めないと思っていた方がいいですね。

Q、自己破産をすることで、家や車を手放す事になるのか

持ち家の場合は資材と見なされますので、現金化されて債権者に分配される事になります。自家用車の場合も一緒ですが、乗車年数が長く価値がないと判断された場合のみ、残る事もあります。

Q、自己破産で会社をクビにされるって本当?

自己破産を理由に会社をクビにされる事はありません。しかし、弁護士、司法書士、公認会計士、警備員、保険外交員などの職に就いている方は手続中に働く事ができなくなります。

Q、自己破産をすると家族にも影響がでるのか

家族が保証人でなければ、何も影響は出ません。子どもの進学、就職が不利になることもありません。

Q、免責が下りない事もあるの?

ギャンブルなど、過度な浪費が原因の場合は免責が下りない事もあります。しかし、人生をやり直すための制度ですので、十分に反省している意志があると裁判官が判断した場合は免責が下ります。

よくある質問(Q&A)民事再生

Q、民事再生で取り立ては止まるのか?

裁判所に民事再生の申立をした時点で取り立て禁止となります。弁護士に依頼した場合は、債権者が受任通知を受け取った時点で取り立ては即止まります。

Q、民事再生の手続をする相手は選べるのか?

民事再生は住宅ローンを省いた債権をまとめて手続する費用があります。

Q、家族に内緒で民事再生できるのか

同居している家族にも求められる書類があるので、家族に内緒で民事再生を行う事は難しいでしょう。

Q、保証人がいる場合の民事再生はどうなるのか?

保証人がいる場合は連帯保証人に請求が行く事になります。ですので、民事再生を行う前には保証人にあらかじめ話をして理解を得る必要があります。連帯保証人も同時に債務整理を行う必要があります。

Q、減額後の利息はどうなるのか・

遅延する事がなければ利息がつく事はありません。

Q、民事再生することで住宅ローンも減額されるのか?

住宅ローンは減額されません。

Q、民事再生をすると家族にも影響がでるのか

家族が保証人でなければ、何も影響は出ません。

Q、免責が下りない事もあるの?

民事再生は自己破産とは違い、借金の原因を問われることはありません。

Q、民事再生をすると家や車を手放す事になるのか?

民事再生は住宅ローンを支払いながら、住宅ローン以外の債権を減額してもらい返済できるようにするための手続となります。車のローンが残っている場合は基本的には手放す事になります。交渉次第では、車のローンを支払いながら再生計画を遂行する事で手放さずにすむ場合もあります。

Q、自己破産と民事再生の違い

民事再生は財産を失う事はありません。また職業制限もありませんし、ギャンブルや浪費による借金でも手続が可能です(借金の理由は問われない)民事再生は自己破産とは違い、借金を減額してもらうだけの手続となりますので、借金の返済を行っている必要があります。返済期間も3年間と定められていますので、場合によっては住宅ローンと会わせて月々の返済額が増えると言った事もありえるのです。ですので、まずは専門の弁護士、司法書士に相談する事をおすすめします。

Q、再生手続中に返済が困難になったら?

再生計画を遂行できない理由が予測不能な事態(突然のリストラや長期入院)が原因の場合はハードシップ免責といった免責が下ります。しかし、住宅ローンには免責がおりませんので、返済が滞る場合は住宅を手放す必要が出てきます。

よくある質問(Q&A)特定調停

Q、特定調停で取り立ては止まるのか?

特定調停の申立が受理されたという証明書(受理証明書)等を債権者が受け取る事によって取り立ては止まります。

Q、特定調停の手続をする相手は選べるのか?

選ぶ事は可能です。高金利、保証人のいない所のみなど、どの債権者に和解を求めるかは債務者が自由に決める事ができます。

Q、特定調停をすると裁判所に行かなければいけないのか?

弁護士、司法書士に依頼しない場合は、全て自分で手続をする事になります。ですので、数回は裁判所に通う事になります。仕事が忙しい方にはかなりの負担になるので、弁護士か司法書士に依頼する方が得策となります。

Q、特定調停場ブラックリストに登録されるのか?ローンは組めるのか?

特定調停の手続を行う事によって信用情報機関にその情報が残ります。5年程度は新規キャッシングを受ける事は難しくなります。

Q、保証人がいる場合はどうなるのか?

保証人がいる場合は、保証人に請求が行く事になります。ですので、前もって話をして、理解を得る必要があります。連帯保証人も同時に債務整理を行う必要がある場合もあります。

Q、家族に内緒で特定調停を行えるか?

裁判所から家族に連絡は行く事はありませんので、内緒で行う事は可能です、しかし、100%内緒にできると断言できません。

Q、減額後の利息はどうなるのか?

遅延しなければ利息はつきません。

↑ PAGE TOP