任意整理をした場合はETCカードを使用する事はできるのか

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 任意整理 » 任意整理とETCカード

任意整理とETCカード

任意整理をした場合、任意整理をした金融業者のクレジットカードは使用できなくなります。任意整理をしなかった金融業者のクレジットカードの使用もできなくなる可能性もあります。このような場合でもETCカードを使用しなければならないケースもあると思います。

どうしても使用したい場合はETCパーソナルカードを利用しましょう。任意整理をする際にETCカードを利用している方はETCカードの設定を変更する必要があります。この設定の変更は任意整理のだけではなく、自己破産、個人再生でも変更する必要があります。ETCカードを利用している方は覚えておきましょう。

ETCパーソナルカードとは

『ETCパーソナルカード』というカードはあまり聞いた事がないと思います。このカードはクレジットカードの契約しない方でもETCを利用できるように、高速道路株式会社6社の共同で発行されているETCカードです。全国のほとんどの有料道路で使用可能となっています。

利用方法はデポジット(保証金)の預託と利用代金を引き落とすためのゆうちょ銀行の通常貯金口座、銀行などの預金口座が必要になります。利用代金はデポジットとは別に1ヶ月単位で引き落とされる仕組みとなっています。カードを作る際にカードの運営費として年会費1200円が必要となります。

デポジットとは

デポジットとは保証金の事を言い、この金額には個人差があります。申し込む際に利用見込月額(有料道路を利用する月平均の金額)と年間最高利用月額(年間で1番有料道路を利用する月の金額)を自己申告します。このデポジットを郵便貯金口座に入れておく必要があり、有料道路の利用状況によってデポジットを増額してもらう事もあります。

ETCパーソナルカードとクレジットカードの違い

ETCカードを利用している場合、代金をクレジットカード会社が立て替えてくれて、後から代金を請求する形となります。ETCパーソナルカードの場合は利用する前に保証金(デポジット)を預ける事によって、その範囲内の金額でETCカードを利用できるようになっています。

1度クレジットカード会社に立て替えてもらう事をしなくてもいいので、任意整理などの債務整理を行ったとしてもETCカー度を利用できる事になります。ETCカードを利用したいからといって任意整理をしないという判断はやめましょう。弁護士や司法書士と相談して任意整理をするかを判断していきましょう。

↑ PAGE TOP