任意整理でブラックリストに掲載されないケースとは

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 任意整理 » 任意整理 完済後

任意整理 完済後

消費者金融などから借金をし、この借金の返済ができない状態になってしまった時に、債務整理を行う事になります。

その中の方法の1つに任意整理があります。債務整理の中でもメリットが多くデメリットが少ないと言われていますが、ブラックリストに登録される事になりますので、しばらくの間新たに借り入れができない状態が続きます。ここでは、任意整理を行い残りの借金を完済後、どれくらい経過すると借入できるのかなどを紹介しています。

任意整理後のクレジットカードの使用について

任意整理中でも新たに自動車ローンを組めるのか?任意整理を行った方のなかで、このような質問をする方が多いようです。任意整理を行うと借入する事ができなくなります。少額の借入の所ももちろん、クレジットカードを使用する事もできなくなります。

新規でクレジットカードを作成することもできませんし、現在所有しているクレジットカードを使用する事もできなくなります。 全く借入できない状態ですので、住宅ローンや自動車ローンを組むこともできない事がほとんどだと言えます。

ブラックリストに登録される

任意整理後に何故クレジットカードの作成や使用ができなくなってしまうのか?それはブラックリストに登録されるからです。信用情報機関の事をブラックリストと呼んでおり、この信用状機関が持つ顧客情報には返済の遅れや破産などの情報が保管されています。(事故情報、ネガティブ情報とも呼ばれている)

任意整理を行う事で、その情報は信用情報機関に登録されていますのです。信用情報機関には、その人の返済状況が登録される事になるので、クレジットカード会社、銀行、ローン会社などは、その人が信用できる人なのかを信用情報機関の顧客情報を元に審査する事になります。ですので、顧客情報に任意整理をしたという情報が登録されていると新たに借入する事ができなくなってしまいます。

ブラックリストに登録されると一生借入できないのか

任意整理を行う事でブラックリストに登録される事は先ほど言いましたが、登録されると一生借入できなくなってしまうのか。結論から言いますと借入することは可能です。ブラックリストに登録されても借入金の完済後、約5年で登録されてる情報は削除されます。

しかし、5年経過したからと言ってすぐに借入できるわけではありません。借入をしていたグループ会社によっては情報が残っている場合がありますので、審査が通らない場合があります。クレジットカードの審査には通過したが、住宅ローンの審査には通らなかったというケースもあります。会社によって審査の基準が違うという事です。

任意整理後に借入をする際の審査は、1つの金融業者で審査に通らなかったとしても全ての金融業者の審査に通らないというではないのです。ですので、一定の期間が過ぎてから複数の金融業者に借入をお願いしてみるといいでしょう。

任意整理後に住宅ローンを組む

借金を返済してから一定の期間が経過しないとローンを組む事はできません。また金融機関によっては一定の期間が経過しても審査に通らない事もあります。どうしてもローンを組みたい場合は配偶者の名義でローンを組む方法があります。しかし、任意整理を行った債務者の配偶者が専業主婦の場合や、収入が十分にない場合は、ローンを組む事は難しくなってきます。

この場合、配偶者1人でローンを返済していく力があるのかを審査される事になりますので、配偶者の方にもそれなりの返済能力が必要になってきます。任意整理を行った本人にどんなに収入があっても、配偶者に全く収入がなければ新たにローンを組む事は難しいでしょう。

任意整理をしてブラックリストに登録されなかった場合

任意整理を行った際に過払い金請求をした結果、その回収した過払い金で借金を完済できた場合はブラックリストに登録されない事もあります。ですので。このケースの場合は任意整理を行ったとしてもローンの審査に通過する可能性が高いと言えます。

任意整理によって借金を完済した場合は、ブラックリストに登録されているのかを確認しておくといいでしょう。信用情報機関には本人開示制度というものがありますので、自分の事故情報について確認する事が可能となっています。信用情報機関は複数存在し、それぞれ手続き方法が違いますが、手続きをすることで自分の登録情報を確認する事ができます。

↑ PAGE TOP