任意整理後にクレジットカードを作成する事は可能?

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 任意整理 » 任意整理後にクレジットカードを作成

任意整理後のクレジットカード

任意整理を行う事で、信用情報(ブラックリスト)に名前が掲載される事になりますので、クレジットカードを作成する事はできないと思っていた方が良いでしょう。ブラックリストの掲載は5〜7年間掲載される事になります。この掲載期間がすぎれば、任意整理をした記録が消えることになりますので、新規にクレジットカードを作成する事が可能になってきます。

中には、ブラックリストに掲載されているにも関わらず、クレジットカードを作成し、キャッシングする事が可能なところがあります。

クレジットカード比較サイトなどを見ると、その中には、審査がかなり甘い会社があります。しかし、そのような所のほとんどが金利が高く設定されているので、気軽に借りる事はできますが、その後の生活の保障はできません。

クレジットカードのキャッシングは借金する事と同じであって、自分のお金を使う事ではないと、頭の中にいれておきましょう。

ブラックリストに掲載されているにも関わらずに、クレジットカードの作成ができる所や住宅ローンが組める所は危ない所だと思ってください。このような状況で普通にクレジットカードが作れる方がおかしいのです。

ETCカードの契約もする事ができなくなりますので、高速道路を走る場合は、割高になってしまいます。友人などに知られたくない場合は、高速道路を走る時は車を出さないようにする方が良いでしょう。

最近では、デビットカードとういものがあり、口座に現金が入っていないと使用する事ができないカードがあります。クレジットーカードとは異なりますが、ネットでの買い物ができますので便利です。自己破産や個人再生に比べてデメリットが少ない事から、弁護士などに依頼する人が増えてはいますが、ちょっとしたデメリットがある事も覚えておきましょう。

まとめ

  • 5〜7年程度経過する事でクレジットカードを新規作成する事が可能
  • ブラックリスト掲載中にもクレジットカードの作成、キャッシングする事が可能な所もあるが注意が必要
  • キャッシングは借金することと認識する
  • ETCカードの契約のみできなくなる
  • 自己破産、個人再生と比べるとデメリットは少ない
  • 任意整理をする事で借金を減額する事ができますが、それなりのデメリットもあります。クレジットカードに関しては一定の期間(5〜7年)は作成しない方がいいでしょう。整理後はキャッシングできない環境を作る事はが大切です。借金をしないようにする、借金をするクセを治す期間だと思ってください。

    確かに不便だとは思いますが、それ以上無理にでも借金をしてしまうと同じ事の繰り返しになることの方が多いからです。また、借金に追われる生活にはなりたくはないですよね。せっかく普通の生活ができるレベルに戻すために任意整理をしたのですから、堅実な生活をしていく事を心がけましょう。

    ↑ PAGE TOP