任意整理の弁護士費用などの情報を紹介

トップページ » 任意整理

任意整理弁護士、司法書士ランキング

 樋口法律事務所

評価 ★★★★★ 電話相談 0120-804-608
過払い報酬 20% 任意整理 39,800円
自己破産 要相談 個人再生 要相談

事務所がアットホームな感じで、気軽に相談しやすい環境の樋口法律事務所。男性と女性の弁護士がいることから、女性の方のご相談が多いようですね。

 サルート法律事務所

評価 ★★★★☆ 電話相談 0120-796-690
過払い報酬 20% 任意整理 19,800円
自己破産 500,000円〜 個人再生 500,000円〜

初回相談は無料でも2回目以降の相談料は有料の所は多いですが、サルート法律事務所では何回でも相談料が無料となっており...

 天音法律事務所

評価 ★★★☆☆ 電話相談 0120-319-029
過払い報酬 20% 任意整理 39,800円
自己破産 要相談 個人再生 要相談

天音法律事務所には女性相談員がいるため、女性でも相談しやすい環境となっています。初期費用0円でも対応してくれるので...

任意整理とは?

任意整理を行う事によって、借金の返済額が減額されますが、デメリットも存在します。その任意整理のデメリットとはどのようなものなのか?任意整理のデメリットの中で大きなものは個人信用情報(ブラックリスト)に記録が掲載される事です。

この信用情報が掲載される期間は信用情報機関によって異なり、基本は5年間とされていますが、7年間任意整理をした事が分かるようになっているとも言われています。この期間は任意整理後の借金を返済してからの期間の事を言います。ブラックリストに掲載されたからといって、普段の生活にそれほど影響が出る事はありません。

新規で借金をする事が難しくなるくらいで、分割で買い物をする程度であれば影響はありません。少しでも不安な事や分からない事があれば、弁護士や司法書士事務所に相談するといいですよ。

このようなお金の問題には法律が絡んできますので、専門の知識を持った方の力を借りる事が一番の策と言えます。相談する際には借金の問題に特化してる事務所に相談するといいでしょう。

任意整理のメリット・デメリット

借金の整理を行う方で、多くの方が行っている方法が『任意整理』です。その理由は他の債務整理の方法と比較して、デメリットが少ないからです。多額の借金を抱えている人でも、任意整理を行う事で、今までより楽に返済する事ができる額に減額する事ができます。ここでは任意整理のメリットとデメリットを比較してみました。

メリット

  • 裁判所を通さずに消費者金融などと交渉していくため、債務者の負担を軽くして、周囲の人に知られる事なく手続可能
  • 収入の少ない専業主婦の方でも任意整理をする事は可能
  • 過払い金が発生している場合は、その返還金で借金を減額する事が可能
  • 職業制限や資格制限がない
  • 多重債務者などの、将来利息を0%カット
  • 弁護士、司法書士に任意整理を依頼すると督促が即日ストップする
  • デメリット

  • 5〜7年間、信用情報機関(ブラックリスト)に掲載される
  • 借金が全額免除される訳ではない
  • 任意整理のメリットとデメリットを確認して気がついた事はありませんか?任意整理にはデメリットが少ないというメリットがある事に。またメリットが多いので、実際に弁護士や司法書士に依頼している人は全国各地にたくさんいます。1人で悩んでいる方は、1度弁護士か司法書士事務所にご相談してください。借金の問題を解決する方法が見つかりますよ。

    制約の少ない任意整理を利用しよう

    借金を返せずに悩んでいると、精神的にも追いつめられがちになるだけで、何の解決にもなりません。こういう場合にこそ利用したいのが、債務整理です。この様に書くと債務整理という用語に馴染みが無ければ、何かとても小難しい事の様に感じて、自分とは縁遠い事と合点するかも知れません。しかし内容の説明を聞けばそれ程、難しい事でも無いのです。一言で説明するのであれば、借金という問題から開放してくれる手段です。

    一定額の収入があるのなら任意整理

    もう少し詳しく説明すると、債務整理には自己破産・個人再生、民事再生の他、任意整理の都合4種類に分ける事が出来ます。全く収入が無いのでは無く、サラリーマン等で一定の収入が期待出来るのであれば、先に述べた任意整理が妥当かも知れません。任意整理は借金を融通して貰った金融業者と話し合い、返済額を減らす事が出来る制度です。

    しかしながら、いきなり法律の知識を持たない者が金融業者側に、返済額を減らして欲しいと言い出すというのは、お金を借りているという負い目もある訳ですから、なかなか出来る事ではありません。出来れば自分の替りになって、対等に話し合いをしたいというのであれば、法律の専門家である弁護士に相談するのが最適な選択と言えるでしょう。

    任意整理を弁護士に相談するメリット

    それは、お金に関わる豊富な法的知識や経験があるからで、相談者の良き理解者になり、相手の貸金業者とのやり取りを一任する事が出来ます。任意整理を弁護士に依頼する具体的なメリットは、他にもあります。代表的な例で言うと、一般的には完済期日迄に返済し切れない場合は、お金を借りている金融会社から、督促の電話をして来たり、急いで返済する様に促す郵便物が届く筈です。

    そして金融会社から毎日の様に連絡があれば、こちらは精神的にも参ってしまい兼ねません。しかし、弁護士に正式に相談をして契約を結べば、可及的速やかにその返済が一旦停止しますから、落ち着きを取り戻す事が出来るでしょう。

    任意整理後の生活について

    また、気になる任意整理実施後の日常生活ですが、一定期間はクレジットカードが作れなくなったり、新規にカードローン等を組めなくなる事は確かです。しかしこれと言って事実上、不自由な生活になる訳ではありませんから、任意整理はお得な解決手段と言えるでしょう。

    ↑ PAGE TOP