債務整理|新潟

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介

債務整理ランキング(新潟)

 樋口法律事務所

評価 ★★★★☆ 電話相談 0120-804-608
過払い報酬 20% 任意整理 39,800円
自己破産 要相談 個人再生 要相談

事務所がアットホームな感じで、気軽に相談しやすい環境の樋口法律事務所。男性と女性の弁護士がいることから、女性の方のご相談が多いようですね。

 RESTA法律事務所

評価 ★★★★☆ 電話相談 0120-796-690
過払い報酬 20% 任意整理 19,800円
自己破産 500,000円〜 個人再生 500,000円〜

初回相談は無料でも2回目以降の相談料は有料の所は多いですが、RESTA法律事務所では何回でも相談料が無料となっており...

 アヴァンス法務事務所

評価 ★★★★★ 過払い報酬 16%〜18%
任意整理 139,000円〜 自己破産 250,000
個人再生 280,000円 特定調停 200,000円〜

減額報酬なし、全国対応、相談無料、土日、祝日営業で銀行カードや18%以下の金利の方でも任意整理が可能なアヴァンス法務事務所。女性専用窓口あり!

新潟の債務整理について

事業の失敗やトラブルに見舞われて、複数の金融機関等から借金をした結果、返済に追われて、日々の生活さえ立ち行かなくなった多重債務者は、救済を求めて、最終的に自己破産を選択するかもしれません。

自己破産は借金をリセットして、人生をやり直す機会を得られるのですが、本当に他の選択肢がないかを専門家と相談する前に決心したなら、早計かもしれません。債務整理には借金の金額によって、負担を軽減する方法から自己破産まで、いくつかの段階があるからです。 債務整理は、次の手順で最善な策を検討する必要があります。

まず、現在も返済中および過去10年以内に返済が完了した契約を見直します。これは、返済において払い過ぎた利息がないかを確認するためです。

平成22年に、出資法や貸金業法が改正されました。改正前は、利息制限法と出資法の2つの法律がそれぞれ上限金利を設定していました。例えば、利息制限法の場合は借入元本によりますが、最大で年利20%まで、出資法の場合は一律で年利29.2%でした。貸金業者は、出資法の29.2%まで利息を請求できたのです。

しかし、この法改正によって、出資法の上限金利が20%まで引き下げられ、2つの法律の上限金利が一致することになり、さらに、過去10年に遡って、支払った利息がこの上限金利を超えていたら、貸金業者に対して返還請求ができることになりました。上限金利を超える利息部分を過払い金と言います。

もし、返済中あるいは既に返済が完了した契約に過払い金が含まれていたら、返還されて元本に充当するなどの再計算が行なわれます。 過払い金返還による再計算をした上で、次の段階は任意整理です。 任意整理では、収入があって、3年程度で返済が完了できることが条件で、金融業者との和解によって、金利を免除してもらい、元本のみを返済する方法です。この方法は、個別の金融業者との和解交渉で、和解できない業者もあります。

次の段階は民事再生です。 民事再生は、返済不能な状態を裁判所に認めてもらうことで、借金額が大幅に免除されます。借金額によりますが、5分の1から10分の1まで引き下げられるのが一般的です。 以上の段階を検討しても返済ができない場合は、自己破産を選択することになります。 自己破産では、借金の免除と引き換えに、当面の生活に必要な部分を除き、保有する資産(土地や家屋等)が没収されてしまいます。また、一定の期間、特定の職業に就けなくなったり、借金ができなくなります。

以上の順で債務整理を検討して、適切な方法を選択することが適策です。 なお、民事再生や自己破産では弁護士等を代理人とする必要があり、過払い金の返還請求や任意整理も代理人に委託する方が効率的です。例えば、新潟県に在住あるいは事業の本社を構えているなら、新潟県の弁護士等に委託します。それは、裁判所の手続きは、新潟県内の管轄の裁判所で行なうためです。

↑ PAGE TOP