個人再生でどれくらい借金が減額されるのか

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 個人再生とは » 個人再生の最低弁済額

個人再生後の住宅ローン審査通過

個人再生で借金を減額っする事ができますが、最低弁済額というものがあり、個人再生の手続きをして借金を減額できた場合、最低限返済していかなければならない金額の事を言います。

この返済額は借金の総額の5分の1の金額か100万円かになり、このどちらかの大きい金額が最低弁済額となります。例えば借金の総額が400万円だったとすると80万円になります。80万円と100万円では100万円尾法が大きいので、この場合は100万円が最低弁済額となり返済していく金額となるのです。

借金の総額の5分の1ですので、500万円までは100万円が最低弁済額となるわけです。借金の残額が1,500万円を越えてくると3,000万円まで最低弁済額が300万円に固定されます。3、000万円以上、5、000万円以下の場合は10分の一の金額が最低弁済額となります。5,000万円以上になってくると個人再生はできなくなってしまいます。

消費者金融などの金融業者の立場からすると、このように借金を減額されては商売にならないと思いますが、自己破産されて全額免除になるよりは個人再生で少しでも回収できる方がいいのかもしれません。実際に個人再生の交渉に応じてくれる消費者金融などは少なくないと言われています。

最低弁済額

  • 100万円以下・・・全て
  • 100万円以上、500万円以下・・・100万円
  • 500万円以上、1500万円以下・・・借金総額の5分の1
  • 1500万円以上、3000万円以下・・・300万円
  • 3000万円以上、5000万円以下・・・借金総額の10分の1
  • ↑ PAGE TOP