債務整理|近畿地方

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介

匿名で近畿地方の事務所に無料相談

近畿地方の債務整理について

債務整理を行う場合には法的な手続きや資料の提出が伴う事も多い為に、どうしても専門家の手を借りる事が不可欠となります。その一方で、このような状況では極力その為に必要な経費を抑える事も考えなければ、円滑な手続きを進める上でも影響が出て来ます。そこで、債務整理に関する活動の拠点を考えなければなりません。

債務整理は債権者との直接の話し合いで解決しない内容・手続きとなる場合には、裁判所を通す事になります。その際には法務局で必要書類を取得した後、自己破産か民事再生なら地方裁判所へ、特定調停であれば簡易裁判所へ申請を行う事になります。これらの施設は数の差こそあれ各地域に点在しているものなので、居住地に近いところで申請するのが自然な流れのように一見思えます。

ところが債務整理の場合は必ずしもそれがベストとは言えず、特に近畿地方においてはこの傾向が顕著となります。その理由は個人的借入が主要因となっている場合には都市域である大阪・神戸・京都拠点の業者の債権がある事が他府県居住者でも多い事、事業絡みの場合には商圏の関係から近畿地方の複数県に跨いで債権者が存在するケースが多いという点にあります。

債務整理はその内容によっては、直接的な債権者との交渉を伴うケースもあります。債権者が県外に多い状況を仮定し、地元で手続きの為の専門家依頼を行った場合には出向く形になってしまいますから、出張費等で経費が嵩む事となるのです。また裁判所へ申請するケースでも、手続きの往復に時間が掛かるようなケースは想定し易くなります。そう考えると、債権者が多く居る箇所で手続きを開始した方が良い事が想定され、専門家への依頼も当該する場所で行った方がスムースに物事が進むと考えられるのです。

また近畿地方以外まで含めた複数県に債権者が跨る場合には、依頼する専門家が全国に跨るネットワークを有している必要があります。拠って対象は地元特化のところでは無く基本的に大手事務所という事になりますが、自身の居住地近くにそうした事務所が無い事も考えられます。このような場合、大阪・京都といった近畿地方でも都市部の地域において手続きを進めるのがスムースとなります。

これらを纏めると、個々の状況によって債務整理をどこで進めて行くかの条件は変わり得るという事です。そして客観的にはベストな依頼先が見え難い面もある事から、早い段階から専門家の目を入れて置く必要があります。その為には専門家が行う無料相談や、行政による紹介サービスを積極的に活用するのが望ましいと言えます。

↑ PAGE TOP