期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » キーワード一覧 た行
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

ちつてと

多重債務

複数の金融業者からお金を借りていること。返済能力を超えた借金をしている状況のことをいいます。このように多重に債務を負っている人のことを多重債務者と呼びます。

担保

融資を受ける時に、その債務の履行(支払い)が困難になった場合に、債権者があらかじめ弁済の確保のため、債務者に提供させる対象のことをいいます。債務の履行が難しい場合は、その履行に代えて担保で債務を弁済していくことになります。担保は『人的担保』『物的担保』の2つに分けられます。

遅延損害金

契約の返済期間までに返済ができなかった場合に、損害賠償として請求されるお金のことをいいます。

特定調停

借金の返済が困難、不能になった場合に、本人が申立人となり、債権者と借金の返済に関しての話し合いを行うため、債権者を相手方として、各地域の簡易裁判所に申し立てる手続のことをいいます。
>>詳細はこちらへ

途上審査

消費者金融のリスクマネジメント手法の1つ。信用供与を行った後に、利用者のクレジットカードの利用状況や返済状況を確認することです。途上審査により、クレジットライン(信用供与額)の変更や遅延発生を未然に防ぐ、偽造・不正カードの早期発見等に役立てるのが目的とされています。途上管理、途上与信とも呼ばれています。

途上与信

各種ローン、クレジットカード顧客の利用状況等を元に信用できるかを再審査して、信用力を再確認することをいいます。

取り立て

正当な理由がないのに、不適当な時間(午後9時〜午前8時)に取り立てを行ったり、居住以外の勤務先等に連絡したり、訪問したりすること。債務者、保証人以外の第三者に対して、乱暴に弁済を要求すること。金融、賃金業者は貸付や債権の管理、取り立てを行う際に不当な手段を用いることは許されていません。人を脅迫したり、私生活や仕事に害が出るような行動をとったり、困惑させることはしてはならないことになっています。

↑ PAGE TOP