期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » キーワード一覧 か行
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

カードキャッシング

クレジットカードやローンカードを使用して借り入れする事をいいます。カード会社と提携している銀行、ATMでもキャッシングする事が可能。

過払い金

過払い金とは、本来は支払う必要がないのに、金融業者に支払いすぎているお金の事をいいます。借入期間が5〜7年以上で借入金利が20%を越えている場合は、過払い金が発生している可能性が高いです。この払いすぎたお金を再計算し、返還請求することで支払いすぎたお金を回収する事ができます。この事を過払い金請求といいます。過払い金に関しては法律事務所に相談してみましょう。

過払い金返還請求

金融業者、賃金業者に払いすぎたお金について民法703条、704条の不当利得制度をりようした返還請求をする事をいいます。一般的には過払い金請求、過払い請求ともいわれています。
>>詳細はこちらへ

割賦

商品などを分割して支払うこと

借り換え

元々借り入れしたお金のこと。元金ともいわれています。借金の総額のことを言う場合と、『元金平均返済』の利息以外の部分のように借金金額の一部分を示す場合があります。

元本

分割返済をする事を契約しているにも関わらず、債権者が自ら期限の利益を放棄して、返済期日の到来していないものも含め、借金の残額を全て返済すること。

完済

借金を全て返済し終えること。

元利金等返済

毎月の返済額を一定にする方法。元金返済部分は返済開始当初の金額は少なく、返済が進むにつれて金額を多くなっていきます。利息支払い分は反対に返済開始当初は金額が多く、返済が進行していくにつれて金額が少なくなっていきます。

キャッシング

お金を借りる事を言います。クレジットカードやローンなどで借りる事ができます。

給与差押

借金の返済が滞った場合に、債権者がとる行動の1つ。強制的に給与を差し押さえられることをいいます。給与から社会保険、税金を引いた額が44万円以下の場合は、その4分の1、44万円以上の場合は、33万円以上を越えた額が差押の対象となってきます。この基準は債務者の生活状況によってある程度であれば変更する事もできます。個人再生によって給与差押を回避する事も可能です。

給与所得者再生手続

サラリーマン向けの個人再生手続の事を言います。住宅ローンを除いた債務が3000万円以下の場合、債務を圧縮する事で、給与によって債務を返済しながら生活を立て直す見通しがあることなどを条件に、債務額を5分の1(加減100万円、上限300万円)に圧縮する事が可能な制度となります。しかし、債務額は可処分所得の最低2年分以下にならないといけません。

強制執行

借金の返済や、税金の支払い等が滞った場合にとる手段のこと。(差押等の措置)差押の対象として不動産、預金、家財、給与などがあげられます。生活に最低限必要な家財、給与等は差押の対象にはなりません。

金銭消費借契約

銀行、消費者金融等の金融機関からお金を借りる時にかわす借入契約のこと。

金融

資本余剰社から資金不足者へ資金を融通することをいいます。

金利

借金をした場合、借りたお金とは別に借りたお金に対しての手数料として支払うお金の事をいいます。元本に対して一定期間に支払う利息の割合を金利と言う。

グレーゾーン

2010年6月18日に改正賃金業法が実施されるまでの利息制限法と出資法の間の金利の事を言います。消費者金融や商工ローン等を含めた金融機関は、金銭消費賃借契約の金利を、利息制限法で決められた上限金利までとしなければなりません。一定条件を満たしている場合のみ、出資法の上限金利29、2%までの金利が認められていました。しかし、消費者記入と商工ローンの多くは、この条件を満たしていないまま利息制限法を越えている事が多くなっています。ですので、出資法を根拠とした金利(グレーゾーン金利)を適用している可能性があります。このような状況の方の多くは、過払い金が発生している事が多いですね。

クレジットカード

信用販売に止揚されるカードの事を言います。信用販売とは、その場で現金を必要としない後払いの事をいいます。クレジットカードは、支払い時にカードを掲示する事で、その場はクレジットカード会社が代金を支払ってくれますが、後日カード契約者に請求が来るといった仕組みになっています。

限度額

借入側、消費者側の個人データを元に、キャッシング会社側が決める借入する事が可能な最高額の事をいいます。

個人再生

個人再生とは、借金の額がかなり多く返済が不可能な状況で、手放したくない財産(マイホームや車等)がある場合、裁判所に借金の返済額を大幅に減額してもらえる手続の事をいいます。

固定金利

契約時の金利が完済し終えるまで固定される金利の事をいいます。(期間限定の場合は除く)一定期間は固定金利になり、その期間が過ぎると変動金利へと切り替わります。当初2年間固定、当初5年間固定、当初10年間固定というものがあります。銀行によっては固定金利の期間を過ぎる事で、再度、固定金利か変動金利かを決める事ができる銀行もあります。

↑ PAGE TOP