過払い金請求を自分でする事はできるのか?

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 過払い金請求とは? » 過払い金請求を自分で

過払い金請求を自分で行う

過払い金請求を行う際に、弁護士、司法書士に依頼する事が一般的な方法となりますが、自分で過払い金を請求据える事もできます。費用を抑えたいと考えている方は自分で請求する方がいいのですが、時間、知識、労力が必要になってきます。

自分で過払い金請求する場合、どのような事をしていくのかその流れを簡単に紹介していきます。まず最初にお金を借りている金融業者に取引履歴を取り寄せます。金融業者には取引履歴を開示する事が義務づけられていますので、遠慮せずに取り寄せてください。

取引履歴を取り寄せたら過払い金を計算していきます。この計算式は非常に難しいのですが、インターネットで過払い金の計算をしてくれる計算ソフトがありますので、そちらで計算していくといいですよ。数字を入力するだけで計算する事ができます。計算して金額が出たら過払い金返還請求書を金融業者に送ります。

この後に自分自身で金融業者と交渉していく事になります。どちらも納得する事が出来れば和解成立となり過払い金を取り戻す事ができます。ここで和解成立しない場合は、裁判を起こす事になります。裁判になれば裁判所に何度か行く事になり、訴訟で和解する事ができれば過払い金が戻ってきます。

自分で行っていく場合の流れ

  • 金融業者から取引履歴を取り寄せる
  • 計算ソフトで計算する
  • 金融業者との交渉
  • 和解成立すれば過払い金が戻ってくる
  • 和解成立しない場合は裁判を起こす事になる
  • 訴訟で和解する事ができれば過払い金が戻ってくる
  • 自分で過払い金請求を行うメリットとは

    自分に過払い金が発生している事が分かったらそのお金を取り戻したいと思いますよね?一般的には弁護士などに依頼して返還してもらうのですが、費用がかかってきます、着手金、裁判費用、成功報酬など安いとは言えない費用が必要になってきます。

    過払い金を回収する事が出来ても20%程は依頼料として支払う事になります。費用を抑えたいと考えている方は自分で過払い金請求を行うといいでしょう。自分で請求する際の費用は印紙代の1万円程度だけです。自分で過払い金請求を行うメリットは費用の安さです。実際に費用を抑える目的で自分で請求している方もいます。知識は必要になりますが、インターネットなどで勉強してからの方がいいですね。

    自分で過払い金請求を行うデメリットとは

    インターネットや本で過払い金の請求方法を参考にして、自分で過払い金請求をしている人がいます。上記では費用が安くなるといったメリットを紹介しましたが、ここではデメリットについて説明していきます。自分でするデメリットとして、弁護士、司法書士などの専門家達が行っている手続を全て自分で行う事です。

    金融業者との交渉もする事になり、専門的な知識と交渉力が必要になってきます。弁護士や司法書士が当たり前のように行っている交渉能力が必要という事になります。しかし、個人でも交渉能力に自信のある方もいますし、弁護士、司法書士が必ず納得のいく結果を残すとは限りません。

    金融業者との駆け引きや交渉を続けていく事は精神的にもかなり疲れると言われています。交渉する自信のない方は弁護士、司法書士に依頼することをおすすめします。交渉に自信のある方は自分で請求してみる価値は大いにあるでしょう。

    ↑ PAGE TOP