自己破産は家族にも影響があるのか

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 自己破産とは » 自己破産後の借り入れ

自己破産後の借り入れ

自己破産をする事で、家族に影響がでるのか心配されている方も多いでしょう。そかし、安心してください。自己破産をすることで家族に影響がでることはありません。自分の親や嫁、子どもがローンを組む事ができなくなる。などの心配はありません。

自己破産をすると財産を全て処分される事になりますが、処分される対象の物は本人の財産になりますので、家族名義の財産まで処分される事はありません。

しかし、家族で共有しているもの(車や持ち家など)の名義が本人であれば処分の対象となります。 このような場合は家族に迷惑をかけることになりますので、自己破産をする際には、家族に相談するといいでしょう。家族の誰かが連帯保証人になっていた場合は、自分が自己破産した後は、その連帯保証人になった人が残りの借金を背負う事になります。

自分の家族が自己破産をしていた場合、自分が破産をしたわけではないのに、自己破産した人と同居していると新たな借り入れができないといったケースもあります。本来なら家族に影響が出る事はないのですが、金融業者が独自の基準で自己破産している家族に対して警戒している可能性があります。

自己破産後はブラックリストに掲載される事になり、7〜10年間は掲載される事になります。この期間に新たに借り入れをする事は非常に難しいですね。消費者金融の中には、自己破産後のブラックリスト掲載中でも借り入れする事ができる所もありますが、金利が高く設定されています。

自己破産後の借り入れ

  • 家族名義の財産は処分の対象にはならいない
  • 家族で共有しているものが本人名義の場合は処分の対象になる
  • 家族が連帯保証人の場合、本人が自己破産した後は、その家族が借金を背負う
  • 自己破産後のブラックリスト掲載期間は7〜10年間
  • 自己破産後は借り入れが困難
  • 自己破産は債務整理の中でもデメリットが多い方法ですが、借金を帳消しにできるという最大のメリットがあることから最終手段として弁護士に依頼する方も少なくはありません。『自己破産=負け組』と捉える方が多いですが、そうではありません。自己破産をすることで人生をやり直す事もできますし、精神的にも、肉体的にも開放されます。

    破産後に借り入れしたいと思う方もいると思いますが、できるだけ借り入れしないようにしましょう。せっかく借金から開放されたので、借金をするクセをこれを期に治していく事も大切になってきます。

    自己破産後に借り入れOKな所は金利がかなり高く設定されていますので、借り入れする事は避けましょう。本当に借り入れする必要性があるのであれば、しっかりと返済計画を立てて同じ事を繰り返さないようにしましょう。

    ↑ PAGE TOP