破産申立〜免責確定までの流れを知っておこう

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 自己破産とは » 自己破産の流れ

自己破産の流れ(同時廃止の場合)

現在の総財産が20万円以上持っておらず、免責についても破産管財人が調査する必要はないと裁判所が判断した時に、自己破産の手続をしていく方法です。自己破産の手続開始から破産手続は開始から3、4ヶ月くらいで完了します。(簡単な書類審査で進めていく場合)ここでは、自己破産の一連の流れを簡潔にまとめてありますので、自己破産を検討中の方は確認しておくといいですよ。

免責確定までの流れ

1.弁護士と打ち合わせをする(依頼する)

借り入れ先や借り入れしている期間、保証人の有無、なぜ借金をする必要があったのかなどを伝えます。この時点で弁護士、司法書士に依頼するかを決める事になります。

2.受任通知の発送

受任通知(弁護士介入通知とも言う)を各金融業者へ発送します。これを発送することで債権者からの督促がストップする事になります。ですので、早い段階で督促が無くなる事になります。

3.引き直し計算

利息制限法で定められている金利への引き直し計算を行い、債権者から開示された取引履歴を確認し、利息制限法を越えている利率の分は利息制限法所定の利率に計算し直します。この計算によって過払い金が発生しているかが分かりますので、過払い金が発生している場合は返還請求を行います。

4.申立に必要な書類を揃える

弁護士、司法書士と依頼者で必要な書類を準備していきます。依頼者が準備した書類を元に申請書類を作成していきます、債権調査、資産調査、免責調査も行います。

5.自己破産の申立と面接

裁判所に申立書を提出して自己破産手続の開始、免責の許可を申し立てます。東京地方裁判所には即日面接という制度があり、弁護士のみで出席する事が可能となりますので、債務者は出席する必要はありません。この即日面接の場で、自己破産手続の開始決定の日程と少額管財か同時廃止かが決定される事になります。

即日面接を行っているない裁判所では破産審尋(7で詳細を確認できます)が行われ、破産手続開始決定をされる事になります。債務の弁済が停止されると同じく、財産の処分(保全処分)も禁止される事になります。

6.申立費用を支払う

自己破産手続と免責許可の申立と同時に裁判所に官報公告費を支払います。

7.破産審尋

この手続は、債務者の方も行く事が必要となり、弁護士(司法書士)と債務者が出頭する事になります。この時点で破産手続開始決定が判断されます。

8.破産手続開始決定

即日面接、破産審尋によって破産の原因があると見なされた場合裁判所が破産手続開始決定を下します。これによって破産手続が開始される事になります。少額管財の場合は、裁判所が破産管財人を選任し、この破産管財人のもとに手続が進行していく事になります。

破産管財人には弁護士(代理人以外)が選任される事になります。破産手続が開始されると、債務者宛の郵便物は破産管財人に送られる事になり、資格制限や居住制限が開始されます。この時点で自己破産を行った事が官報に掲載される事になります。

同時廃止の場合は、破産手続開始決定と同時に、破産手続同時廃止決定となり、開始と同時に破産手続が終結します。

9.免責審尋

この免責審尋では、免責の許可を与えてもいいかを調査を行う免責審尋手続を行います。

10.免責許可決定

免責審尋が終わってから約1週間後に、裁判所から免責許可決定下されます。許可が許されない場合は、免責不許可決定が下される事になります。

自己破産に強い弁護士、司法書士事務所ランキング

 樋口法律事務所

評価 ★★★★★ 電話相談 0120-804-608
過払い報酬 20% 任意整理 39,800円
自己破産 要相談 個人再生 要相談

事務所がアットホームな感じで、気軽に相談しやすい環境の樋口法律事務所。男性と女性の弁護士がいることから、女性の方のご相談が多いようですね。

 サルート法律事務所

評価 ★★★★☆ 電話相談 0120-796-690
過払い報酬 20% 任意整理 19,800円
自己破産 500,000円〜 個人再生 500,000円〜

初回相談は無料でも2回目以降の相談料は有料の所は多いですが、サルート法律事務所では何回でも相談料が無料となっており...

 天音法律事務所

評価 ★★★☆☆ 電話相談 0120-319-029
過払い報酬 20% 任意整理 39,800円
自己破産 要相談 個人再生 要相談

天音法律事務所には女性相談員がいるため、女性でも相談しやすい環境となっています。初期費用0円でも対応してくれるので...

↑ PAGE TOP