自己破産後、生活はできるのか?

期待に応える債務整理を
債務整理を専門としている弁護士、司法書士事務所を紹介
トップページ » 自己破産とは » 自己破産後の生活

自己破産後の生活

自己破産をすると借金が一掃されますが、それと引き換えに数々の不利なことが起こり続けます。その中でもやはり財産を失うことは一番の不利な点なです。借金の清算をするためには財産で返済をするといっても過言ではありません。

土地やマイホームだけでなく別荘までも含まれ、不動産関連のものはすべて失うことになります。ただ、住宅ローンの支払いはしなくてもよくなるのでそこだけが不幸中の幸いです。不動産関連だけではありません。99万円以上の現金や株券、生命保険の解約金、自分の車までもが借金清算のために失われるので価値がないものと家具だけが残ります。

借金に耐えられずに自己破産を申請する人はいるかもしれませんが、自己破産を申請することは全てを失い、一から出直すことなので借金生活以上に厳しい生活が待っています。自己破産をすると多くのことを行う際にいろいろと制限がされます。

ケースによってですが、引っ越しをする時や旅行をするときは裁判所の許可が必要になります。これは逃亡することを防ぐことが狙いです。このように、破産手続き終了までは裁判所の許可を逐一行っていく必要があります。さらに、破産をするとお金がらみの申し込みは困難を極めます。一度破産するとブラックリストに名前が載ってリストから削除されるまではカードは使用できませんし、ローンも作れません。

これらのみならず、就職でも不利になります。破産手続きから免責まで、就ける職業に制限がかけられるからです。主に弁護士や建設関係、会社役員と様々です。短い期間ではありますが、退職することになるので次の仕事を見つけなくてないけません。

自己破産で最大の欠点は親戚や知人に迷惑をかけることです。子供がいればもちろん養育費などを払わなくてはいけませんので生活に影響を及ぼします。さらに、連帯保証人に対しても債務の一括返済を求めるのです。

このことによって自己破産をした人のみならず連帯保証人までもが波線を宣告することも考えられます。もし、自己破産をする際には連帯保証人に連絡をしておくことが大切です。わずかな光を照らすかもしれない自己破産には大きな影があり、全てを失うことになるので下手をすればホームレスになり路頭で迷うことに成りかねないので申請を行う際には十分注意が必要です。

自己破産以外にも債務整理の方法があるかもしれませんので、弁護士、司法書士事務所に相談してみると良いですよ。他の方法を提案してくれ、あなたにとって最高の結果を出してくれる事は間違いありません。左のメニューにおすすめの法律事務所を紹介していますので、相談してみてはどうでしょうか。

↑ PAGE TOP