自己破産のメリットとデメリット

トップページ » 自己破産とは

自己破産に強い弁護士、司法書士事務所ランキング

 樋口法律事務所

評価 ★★★★★ 電話相談 0120-804-608
過払い報酬 20% 任意整理 39,800円
自己破産 要相談 個人再生 要相談

事務所がアットホームな感じで、気軽に相談しやすい環境の樋口法律事務所。男性と女性の弁護士がいることから、女性の方のご相談が多いようですね。

 サルート法律事務所

評価 ★★★★☆ 電話相談 0120-796-690
過払い報酬 20% 任意整理 19,800円
自己破産 500,000円〜 個人再生 500,000円〜

初回相談は無料でも2回目以降の相談料は有料の所は多いですが、サルート法律事務所では何回でも相談料が無料となっており...

 天音法律事務所

評価 ★★★☆☆ 電話相談 0120-319-029
過払い報酬 20% 任意整理 39,800円
自己破産 要相談 個人再生 要相談

天音法律事務所には女性相談員がいるため、女性でも相談しやすい環境となっています。初期費用0円でも対応してくれるので...

自己破産とは

債務整理で1番大きな効果のある制度は自己破産であると思います。自己破産を行うとそれまであった借金が免責されてなくなりますので、1から再スタートを切ろうと思っている人には、絶好の債務整理と言えます。しかし効果の大きな自己破産も当然メリットばかりではありません。それ相応のデメリットが存在するのです。

今回はその自己破産のデメリットについて書きたいと思います。自己破産を申し立て破産宣告が行われると、破産手続きが終了するまでに制限される職業があります。宅建であったり保険外交員や弁護士や会社役員や警備員などです。破産手続きが終了するまでに数ヶ月の期間を要しますので、実質職を失うことになり兼ねません。

また価値のある財産は全て競売に掛けられますので、家や土地や車などといった財産を失います。つまり住む所などを探さなければなりません。しかも99万円を超える現金や20万円を超える株式や有価証券も差し押さえの対象となりますので、新しい生活を始めるのは厳しい状況が待っています。

そして破産後から7年〜10年程は、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることができません。これは信用情報に事故履歴が残るためですが、このおかげで大きな買い物はかなり不利になります。そして最大のデメリットは連帯保証人に迷惑が掛かると言う事です。

自己破産は本人の債務については免責しますが、連帯保証人については免責するような決まりがありません。ですから債権者は本人に支払って貰うことはできませんが、連帯保証人には支払いを催促することができるのです。なので免責される借金の金額が大きければ連帯保証人も支払いができない可能性もあり、保証人になってくれた人も自己破産をしなければならない状況になる恐れがあります。

そういったことがありますので、債務整理で自己破産をしようと思っている時は、連帯保証人にも連絡して相談し理解を得てから行った方が良いと思います。自分のことを信用して保証人になってくれた人に迷惑を掛けてしまう。その結果信用を失ったり、時には関係が壊れてしまう場合もあると思います。これが自己破産による最大のデメリットと言えると思います。

自己破産のメリット・デメリット

メリット

  • 借金が全額免除される
  • 戸籍や住民票に掲載される事はない
  • 選挙権などの公民権は停止されない
  • 自己破産を理由に会社をクビになる事はない(会社は自己破産を理由に解雇する事はできない)
  • デメリット

  • 破産者名簿に記載される
  • 官報に記載される
  • 一定期間、新規にクレジットカードの使用やローンを組む事ができなくなる(ブラックリストに掲載)

  • 自己破産の魅力はなんと言っても借金が全額免除される事です。しかし、それに見合ったデメリットがある事も事実です。借金の額が多額すぎて返済できない場合は、やむ終えず自己破産をする事になると思いますが、債務状況や債務整理の方法によっては、自己破産をしなくてもいい事もあります。

    なるべく自己破産を避けたいと考えている方は、弁護士や司法書士の方に相談してみて、他の方法はないか相談してみましょう。案外他にも方法があるかもしれませんよ。

    自己破産に実績のある弁護士事務所が鍵

    自己破産する事は再び人生を歩き始める為の制度

    やむを得ない事情でお金を借りる事になり、予定では難なく完済出来ると確信していたけれども、勤めている会社の吸収合併等により、返済が滞ってしまったという事はあるかも知れません。そして返済期限が長引けば、利子や遅延損害金等が返済額に加算されて、どうにもこうにもならなくなってしまったという場合は、債務整理の内の自己破産をするのが現実的と言えます。自己破産という言葉はテレビドラマ等でも時折聞かれますが、大変インパクトがある言葉である為に、何もかも失ってしまうという風に受け取られがちです。

    しかし、自己破産は言葉から受けるイメージと、良い意味でかけ離れていると言えるかも知れません。なぜなら、そもそも自己破産という制度は、返済したいけれども自分の力では埒が明かなくなってしまい苦しむ人を救済する為の制度だからに他なりません。

    自己破産のメリット・デメリット

    確かに自分の名義にしている、財産や自動車等を処分せざるを得なくなったり、一定期間、クレジットカードを作れなくなったりはするでしょう。しかし、サラリーマンであった場合なら会社側に知られる事はありませんし、99万円以下の現金は手元に残せますからとりあえずは、生活は出来る筈です。忘れてはならないのは、前述した内容は弁護士に自己破産する事を願い出て、正式に動いて貰った場合です。

    自己破産に実績のある弁護士を探せ

    ですからまずやるべきことは、自己破産に強い弁護士を探し相談する事と言えます。誤解しがちな事といえば、弁護士であれば何処の弁護士事務所に頼んでも変わらないだろうから、一番安上がりで済む所で良いだろうという考えです。しかし、それは早計であると言わなければなりません。何故なら弁護士事務所には俗に言うカラーがあり、交通事故関連に強い弁護士事務所があれば、著作権関連に詳しい弁護士事務所もあります。あるいは、刑事事件に強い弁護士事務所というのも存在しています。

    弁護士事務所や契約については慎重に

    ではどの様に、自己破産に実績のある弁護士事務所を探せば良いのかというと、まず、弁護士事務所のホームページ等を見て、弁護士資格を持つスタッフがどれくらいいるのかを調べる事から始めましょう。そして、債務整理の自己破産に実績がある所が良いでしょう。また、事務所との費用面や契約関連等の書類について、平易な言葉で説明してくれる所であれば安心出来ます。

    ↑ PAGE TOP